Now Loading...

TOPICSトピックス

Information
奥志賀の宿

宿づくりのこと

2019/10/16宿づくりは、ママさんと。

今年もこの時期がやって来ました。秋恒例の仕事?いえいえ、新しいライフワークがまたひとつ始まりました。私たち宿の自慢は、毎年毎年何かが変わっていること(笑)、そして加わっていることです。小さなグラス一つとっても、そのグラスに注ぐちっぽけなサービス(昨年は水出しアイス珈琲!!)が参加しています。今年の「宿づくり」は、念願の“漆喰”に挑戦です。北海道産の上質な漆喰は、大工の富岡さんさんに手配して頂きました。仕込みに没頭しているのは、アフロからお団子スタイルにイメチェンしたわたしです。


もちろん冨岡さんのアドバイスや指南があっての宿づくりです。しかし冨岡さんに頼ってばかりではいけません。今日の相棒はママさんと、ママさんからしてみればの相棒はわたしで、永遠に変わらぬ良いコンビで漆喰作業がスタートしました。一見すると野外でケーキづくりでもしているのかの風景ですが、とんでもありません。真面目に、ただ真面目にコネまわす重作業はわたしの担当でした。馬力自慢、怪力自慢を誇る単純な構造のわたしは、養生準備含めママさんのサポート役に終始徹しました。


漆喰は初の経験でどんな感じに仕上がるのかワクワク感が尽きません。乾いているのか否か、きっと子供心に指一本触ってしまうことでしょうね(笑)。予定では2度塗りしますのでいい感じに仕上がると思います。この場所はホワイトシーズンになれば行きも帰りも必ず通るエリアと言えばもうお分かりかもしれません。これまでは素っ気なく寒々しいコンクリート系の壁でしたので、少しでも暖かみを感じていただければというシンプルな想いからはじめています。ママさんの最近ですが、空いた時間を活用し冬の献立づくりに励んでいます。シンプルな想いを大切に、冬、皆さまをお出迎えさせて頂きます。

今朝の奥志賀は4度でした。

明日は、麓で大変な思いをされているひとりでも多くの方に使用且つお役に立てる様、使用していない敷布団、毛布、枕、バスタオル、フェイスタオルを準備する時間に充てます。多くの地域まで行き届かないのは辛いですが、今出来ることから具体的に行っていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

TESORO私たちの宝物

一覧を見る

MAILメールでのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォーム
をご利用ください お問い合わせフォーム

TEL電話でのお問い合わせ

0269-34-2751

0269-34-2751

受付時間 8:00-20:00
長野のゲストハウス