Now Loading...

TOPICSトピックス

Information
奥志賀の宿

日常のこと

2020/11/05初冬モードのはじまり。

奥志賀は初冬を迎えてます。

例年と比べ今年の初雪は早いから雪に恵まれるかもとワクワクしてます。今年これまで3回の降雪があり、初雪は10月24日のJazz Liveの晩でした。ライブリポートは近日中にupさせて頂きますが2部構成(とても贅沢)でした。後半のスタートはGt兒玉峻さんオリジナル楽曲「雪」からスタートしました。奥志賀が初雪を迎えた晩だからという粋な演出に本当に感動しました。冬シーズン、ゆらゆら落ちてくる雪を眺めると、きっと峻さんの「雪」のイントロが湧いてくるんだろうな。峻さんありがとう!


Liveが無事終わり2週間を迎えようとしてます。ダイニングルルームにはその「余韻」がまだ残っています。平日の奥志賀は静寂しきった「余韻」そのもの。あれこれ巡るその余韻の数々を楽しみながら、ようやくペンキ塗りがはじまりました。ここのデッキは即興花火会場になったり、ホットワイン&焼きマシュマロが気まぐれで?振舞われたりするテゾーロのミニイベント会場です(笑)。3年前の夏、大工さんとどれだけ汗を流したんだろうと回想しながら、手際良く作業を進めました。作業主任者はママさん!


娘の手助け(乱入に近いかなー)を受けたペンキ塗りは即興お絵かき大会に変わります。でもいいんです、今年は3度塗りしたかったので、厚塗りは大歓迎でした。テゾーロの女性陣はローラー派で、硬派のわたしは刷毛派と別れます。数時間の作業の末、3度塗りどころか4回分?かな、分厚いペンキが塗られ、大雪が続いても耐久性に関しての不安は拭えました。トトよりひと言「おーいそこの娘さん、その体勢、腰痛めるでー。」


11月に入り周辺の葉はほとんど落ちました。後方にうっすら雪が残っていますがわかりますか?今年の春、コロナ禍で保育園に登園できない日が続き、我が家の「ステイホーム」はここ周辺にある残雪でのソリ滑りやスキーが続きました。そして山菜狩り(主にふきのとう)を楽しみ、食し、家族の団欒=和により深みを増したのが古い過去のように思われます。今年の冬シーズンは特にコロナ感染防止対策を徹底し、充実した時間の積み重ねが図れるよう準備に勤しみます。


気は早いかもしれない、けど、2021年グリーンシーズンの企画も進めています!

3th Jazz Live  、地元ガイドと歩く渓流釣り、キノコ名人と旅する奥志賀&秋のBBQ、tesoroコーディネート紅葉写真撮影ツアー等を検討中です。またここまで大・大好評を得ているパルミジャーノレッジャーノも続けていくと思います。おかげさまで想像していた以上の人気ぶりで、兎にも角にも贅沢にチーズを食す!のがテゾーロ流。パスタかリゾットか、ライブ感たっぷりで粋な楽しみを皆さんと共有できたら最高です。(注:その場その時の空気感や当日の献立により登場しない日もあります)皆さんの週末はどうお過ごしですか?全国的に冷え込んできましたので暖かく楽しくお過ごしください!

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

TESORO私たちの宝物

一覧を見る

MAILメールでのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォーム
をご利用ください お問い合わせフォーム

TEL電話でのお問い合わせ

0269-34-2751

0269-34-2751

受付時間 8:00-20:00
長野のゲストハウス