Now Loading...

TOPICSトピックス

Information
奥志賀の宿

tesoroの楽しみ方

2019/10/07JAZZ@tesoro

髭と空 -HIGE TO SORA-   @tesoro奥志賀 1th anniversary

お泊まり頂いた皆さまのご協力、地域のご理解、ココロ温まるサポートの数々で一つのゴールを迎えることが出来ました。素晴らしいJAZZMAN達は、はるばる奥志賀に集ってくれました。本当に、本当にありがとうございました。今回のJAZZは、オードヴィーからtesoroに時代が変わっても支え続けてくれる皆さまと、私たち家族の経営を裏側からサポートし続けてくれた地元関係者の方々をお招きさせて頂きました。ここ小さなダイニングで、個人的には奇跡的な時間と空間が生まれた「瞬間」を見届ける事ができ、感無量です。


私、写真を撮るのを忘れてました。ホント、カメラなんか要らなくて、この日ばかりはひとりの音楽好きな少年に戻っている自分がいました。約30名弱お集まり頂きましたが、至近距離、PAは通さないそのままの音とダイニングから生まれた一体感が本当に素晴らしかった。子供たちを飽きさせないアフロビートな即興(with パーカッション)も披露してくれて、ダイニングはひとつになりました。3分弱ですが、その一部シーン(動画)を是非ご覧ください。野外デッキでは松明も登場してますよ。



JAZZMAN達の凄プロフィールは改めて紹介させていただきますね。ユーモアのセンスと真摯な求心力、情熱、オープンマインドなそのハートに、ダイニングの皆さん一瞬で惹かれました。それもそのはずです、ここにいる皆さんとひとつ屋根の下(みーんなtesoroにお泊まり)寝食を共にしたんです。LIVEの前後は、なななんと、お子様向けワークショップが即興で開催されたり、質問コーナーがあったりと、宿という空間だからこそ生まれた優しさにも溢れていました。そしてバンドマスターの鈴木カヲルさん(ドラム)からの提案で、LIVEは1曲ずつMCが入りました。その解説や裏話がとても興味深いものばかりで、皆さんも耳とココロを傾けているのが印象的でした。


JAZZ@tesoroのtopicsの続きはまた次回紹介させていただきます。この日限定のフライヤー&ポスターにサインしてくれているのはベースの岩見継吾さんです。岩見くん(あれ、もう、君づけです)が最後の最後で披露?あれ歌唱!?してくれた即興サプライズがありました。それはなんでしょうか?少しだけ楽しみにしていてください。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

TESORO私たちの宝物

一覧を見る

MAILメールでのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォーム
をご利用ください お問い合わせフォーム

TEL電話でのお問い合わせ

0269-34-2751

0269-34-2751

受付時間 8:00-20:00
長野のゲストハウス