Now Loading...

TOPICSトピックス

Information
奥志賀の宿

日常のこと

2020/07/13ボクの夢。

またひとつ、”ボクの夢”のスタートラインに立つことができました。長野県北信濃へ移住をしてからというものの、いつの日かそのタイミングを迎えたい!と。さて、どんなユメなのかな。学生時代、わたしは当時まだマイナーだった農村観光のゼミに所属し、農業と観光の在り方について取り組みました。昨今、農林漁業の6次産業化やグリーンツーリズムという概念が誕生し定着しつつありますよね。奥志賀での暮らしも5年目を迎え、生活リズムも安定してきましたので、夢への一歩を踏み出すことが出来ました。今日はそのほんの一部を紹介させて頂きたいと思います。


地元での貴重なご縁に恵まれ、5月下旬より空いた時間を活用し「農業」のお仕事に参加させて頂いております。いままでなぜこの“ご縁”に恵まれなかったのかとても不思議に感じるこの頃ですが、巡り巡ってやってきたその“ご縁=時の運”を大切にする日々が続いています。さて、写真ど真ん中に映えるママさんのちっちゃなジムニー。ここは一体どこでしょうか?北海道の酪農地帯を思い起こさせるデカさ、広さ、奥行きの深さを少しでも感じていただけたら嬉しいです。


ここでは夜明け(am4:00過ぎ)とともに一斉に花が咲きます。本当に神秘的で生命が宿っている瞬間です。そしてそれも束の間、9時半前には花弁が閉じてしまいます。出荷量は国内屈指を誇り、各種統計資料を調べても国内シェア第1位、2位です。tesoroママさんも大好きな夏野菜で、グリーンシーズンの献立には必ず何品か楽しんでいただくThe 夏野菜。もう皆さまお分かりかと思います。そう、長野県の北信濃地域(ここは小布施町に近い延徳という地域にある畑)が誇る夏野菜のひとつと言えば、、、。

ー ズッキーニ(英語名 Zucchini)ー


わたしはここで栽培され収穫するズッキーニへ最大限の敬意を払っています。なぜならば、彼らには生命が宿っている、生きているからです。そして北信濃の地物野菜がなぜこうも美味いのか、頭でなく全身で体感する機会に恵まれているのも、敬意を払うそのひとつであるのです。規格もJAサイズ、Lサイズ、他サイズとあるのですが、ここのズッキーニ達は図太くガッチリしています。格好もイケてるし新鮮そのものです。


7月は雨模様が続きます。わたしもズッキーニ同様早朝の雨に打たれ、また雨の温もりや優しさを感じています。連日着用するレインウェアも、雨の合間をぬってはデッキで乾かしています。ママさんのコトバを借りればここで収穫されるズッキーニは最高級。この夏と秋はイタリアン風味なご飯の数々が登場すると思いますのでご期待ください。美味しい野菜はヒトのココロに育まれながら成長するんだな、と、また原点に立ち返ることが出来ました。一緒に汗を流す皆さん、明日も笑顔でよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

TESORO私たちの宝物

一覧を見る

MAILメールでのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォーム
をご利用ください お問い合わせフォーム

TEL電話でのお問い合わせ

0269-34-2751

0269-34-2751

受付時間 8:00-20:00
長野のゲストハウス