Now Loading...

TOPICSトピックス

Information
奥志賀の宿

宿づくりのこと

2019/05/06越冬を終え、再会。

敷地内の雪が少しずつ消え、ラベンダーたち(写真中央)との再会を果たせました。そしてその日は5月6日、奥志賀スキー場のシーズン終了日でした。ラベンダーは濃紫3号という富良野で生まれ育った品種です。今年3シーズン目ですが、咲かせてくれるようたっぷり愛情を注いでいきます。もうひとつ雪解けへの期待話として、リンドウ(長野県の県花)のタネを撒いています。貴重な種は向かいのプチホテルepiさんから頂きました。テンボが咲かせてくれるかな、と星空に向かって願いました。テンボ、よろしくね!


ーマスターのつぶやきー

一見すると枯れかかっていてシワクチャな感じのラベンダーです。でもこれでいいんですよ!藁を掛けての越冬を考えたけど、地元組合に問い合わせたらそのままで良いとの返答。昨秋かなり剪定したので、奥志賀の強い陽射しを浴びれば元気なってくれると思います。ここの雪解け水はラベンダー達にとっても極上でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

TESORO私たちの宝物

一覧を見る

MAILメールでのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォーム
をご利用ください お問い合わせフォーム

TEL電話でのお問い合わせ

0269-34-2751

0269-34-2751

受付時間 8:00-20:00
長野のゲストハウス