Now Loading...

TOPICSトピックス

Information
奥志賀の宿

日常のこと

2021/03/09陽射しもご飯も、春モード。

奥志賀にも春らしさがやってきました。今週に入った途端、奥志賀にも春が来たぞ!と胸を張ってお伝えできる寒暖の差が、顕著となりはじめています。昨日は放射冷却が進み朝は氷点下8度前後。日中は7度。館内に差し込む陽射しは強烈でした。そんな中、春スキーがいよいよスタートしたこの頃を迎えております。長野県民割引きをはじめとする近郊県割引(リフト券が9日より近隣県の範囲:新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県)の新登場など、春スキーの商戦も活気付いてきました。


館内より眺めるエキスパートコースの頭には、飛行機雲が浮かんでいました。12、1、2月の雪はそりゃあいいけど、3月の比較的天候が安定する時期の雪も、もちろん楽しいですよね。月毎の色々な楽しみ方、感じ方があると思うので、皆さんそれぞれのスタイルで目一杯楽しんでください。日焼け対策?も?そろそろ怠らずですかね!いずれにしても3月からのシーズンも、みんなでとことん楽しみましょう。


私たちの楽しみは、特にママさんの楽しみと言って過言でないのが、春らしい食材と出会えること。3月生まれのママさんだからかもしれませんが、春がとにかく大好きです。先日もニッコニコだったのが京野菜として仕入れた「紅芯大根」。直径10センチ弱の紅芯大根を大胆に輪切りし、地物ベビーリーフたちと合わせたシンプルサラダが大好評でした。ふきのとうにもあれこれアレンジを加え、美味しいオリジナルソースが出来上がってます。シーズンの雪同様に(粉雪から春の雪へ)、ご飯もイロイロ変化しはじめています。


続いてやってきたのは昆虫の幼虫ではありません(笑)。これは2度燻製したブロックチーズです。1度目は燻製3時間。なにも2度やらなくてもいいのに、色づきに納得がいかなかった為、急遽リベンジを2時間行いました。こちらは今週末のお客様だけの為にプランしていた、久々の傑作品です。今シーズンはチーズで賑わいをみせているテゾーロですが、燻製に終わりはありません。「旨い!」と言っていいただけるその瞬間だけの為に、また新作へのあくなき挑戦と共に、春の燻製にも情熱を捧げていきます。


明日も新しい明日がやってきます。大勢の皆さまに支えていただきながら3月も進んでいます。本当にありがとうございます。そして、気は決して早くなんかない2021年のグリーンシーズンも、これまで展開し且つ積み上げてきたモノを、より優れたものに変え皆さまにお届けさせて頂きます。さて、3月週末(20、27日)にキャンセルや人数変更が発生し、人数条件によっては予約可能な日取りも出てきました。どの日も1部屋ほどでお問い合わせをいただけたら幸いです。またこの時期は滑り納めという方も多く、皆さまの思い出談義が楽しい時期でもあります。私の滑り納めはまだまだ先で、娘と春スキーを楽しんでいく予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

TESORO私たちの宝物

一覧を見る

MAILメールでのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォーム
をご利用ください お問い合わせフォーム

TEL電話でのお問い合わせ

0269-34-2751

0269-34-2751

受付時間 8:00-20:00
長野のゲストハウス