Now Loading...

TOPICSトピックス

Information
奥志賀の宿

日常のこと

2020/12/05燻製づくり。

今シーズンも企画新たな燻製づくりがスタートしてます。


わたしにとって燻製づくりはライフスタイルのひとつそのもの。実は昨年夏まで、雑魚川で釣り上げた天然イワナ達を捌きそのまま燻製に仕上げてました。その旨さに感動したのを記憶してます。しかしそれ以後、食すのは止めました。なぜなら近年の自然災害による地形の変化で、個体数の減少が顕著である為です。密猟などもっての他。いろいろな考え方がありますが、尺オーバーでもキャッチ&リリースで、これからの雑魚川を楽しみたい、そう強く思います。ちなみに来シーズンは4月16日(金)解禁の予定です。


今シーズンは最大5種類の燻製づくりに励みます。ちなみに昨年の鮭とばは大・大失敗でした(苦笑)。最終的に鮭フレーク、鮭茶漬けに相性抜群のシャケ(鮭)に生まれ変わってしまいました。今年は失敗から学び、まずは鮭選びからはじめました。日々ドキドキしながら寒風に吹き曝されるのを眺めているのがもはや日課です。一般に鮭とばといえば荒々しい漁師町で作られるのが有名ですよね。ここ奥志賀の山、漁師町、まるで環境が異なりますが、極寒、湿度、寒暖差、辛抱強くやればうまくいくだろう、と期待を込めてます。(既にカリカリで囲碁みたいですよ!)


【皆さまにお知らせ】部屋改装の日取りが最終確定しました。

お待たせしました。週明けいよいよ部屋改装の第一歩を踏み出します。何度かお知らせしてきた当該工事は、小布施町の冨岡建設さんに数日間お力を借り、コネクティングルーム2部屋の完成を目指します。新設工事ではありません。現在ある隣同士、壁に穴を開け2部屋を繋げるというシンプルな計画です。完成後、寝室とリビングが分かれます。工事の進捗、過程はtopics(宿づくり)でも紹介していきたいと思います。

テゾーロは今回の改装を契機とし、それ以外の部屋のほぼ全て、何かしら手を加えました。当該2部屋は備品什器がほぼ総入れ替えとなります。11月下旬から連日荷物が届き、荷ほどきをし、組立て、設置、空段ボールを片付ける。イメージに相違がなければ次のオーダーをしまたそれに繋げるといった様な忙しいサイクルに、やりがいを痛感しています。ありがとうございます!


例年志賀高原の12月第1週土曜日はスキー開場祭でした。今年は深刻なコロナ禍のため中止となりましたが、横手山、熊の湯、ヤケビ、一の瀬ファミリー等、オープンを迎えてます。奥志賀はもう少し先になりますが、シーズンイン後は思い切りスノースポーツを満喫して欲しいと願います。師走の週末は何かと慌ただしいと思います。くれぐれも日々の健康に留意され笑顔でお過ごしください。私たちの来週は気合い週間です。アントニオ猪木さんに猛烈なビンタを食いたい、そんな熱い気持ちで頑張ります!

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

TESORO私たちの宝物

一覧を見る

MAILメールでのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォーム
をご利用ください お問い合わせフォーム

TEL電話でのお問い合わせ

0269-34-2751

0269-34-2751

受付時間 8:00-20:00
長野のゲストハウス