Now Loading...

TOPICSトピックス

Information
奥志賀の宿

日常のこと

2020/03/31獅子舞の晩。

2月20日、獅子舞がtesoro奥志賀で披露されました。

今年に入りこのtopicsでも数回触れて来たtesoro流の「JAPAN WEEK 開催」。奥志賀の天然雪100%を求め海外からお越しいただくゲストへ、日本文化を感じて欲しい純粋な想いのひとつを叶えることが出来ました。小さなダイニングルームで披露されたまさに異文化なショーは圧巻の一言。観賞中は真剣な眼差し、笑顔、大きな拍手、とても喜んで頂けました。


獅子舞に頭を噛まれると無病息災や幸運に恵まれるという言い伝えがありますよね。この晩は全員分の法被、捻り鉢巻きに身を包みMr.Tommy(写真右端)の獅子舞を鑑賞しました。みんないい雰囲気を醸し出してます。頭を見事に噛まれてるのは西オーストラリアパース在住のTim。彼はユーモアの天才で笑いが絶えないムードメーカーです。


リハーサル中の娘はかなり緊張気味でした。独特な音響と獅子が怖かったのかな?


地元へ戻れば舞を指導する立場にもあるMr.Tommy。そんな彼には3人の息子がいます。やがて父から息子たちへ継承されていくんですね。


獅子舞は小布施町「押羽祭り委員会」の皆々様より格別なるご厚意を賜りました。地域文化を象徴するひとつでもあるこの獅子舞を、遠路遥々ありがとうございました。今回、本業の時間調整を図って頂き“舞”を披露してくれたMr.Tommyと、“お父さん”を留守させてしまったご家族の皆さまに心より感謝を捧げます。押羽の皆さま、今後とも宜しくお願い致します。ココロに残るamazing!!な一夜でした。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

TESORO私たちの宝物

一覧を見る

MAILメールでのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォーム
をご利用ください お問い合わせフォーム

TEL電話でのお問い合わせ

0269-34-2751

0269-34-2751

受付時間 8:00-20:00
長野のゲストハウス