Now Loading...

TOPICSトピックス

Information
奥志賀の宿

日常のこと

2019/12/05鍋づくり演習?その壱。

本日、ママさんが講師となり「鍋づくり」演習(ゼミ?)が行われました。

鍋づくり!?極寒のなかスキー室でろくろを回したのか?窯に入れて焼いたのか?こんな鋭いツッコミを受けそうですが、その中身は献立に検討している鍋料理の数々です。ちなみに私は野外作業に従事していたので、このホクホクあったかお鍋には相当助けられました(笑)。


鍋収集が趣味なのかと言われても仕方ないくらい、ママさんの元には大小様々な鍋が集まってます。大きな土鍋がメインの日もあれば、副菜として小鍋が登場することもあり、この小鍋の献立づくりがいよいよ佳境を迎えていました。写真には載せてない鍋3種含めれば、鍋だけで実に合計6種あります。(少しだけ自慢 笑)

さて、今シーズンデビューを飾るのは「タジン鍋」です。今日の中身は地物野菜オンリー(ちょいバターも)。火力もいい感じで美味しく出来上がってました。とんがり帽子の独特な小鍋は北アフリカ発祥とも言われています。火が消えてもしばらく熱々の蒸し蒸しで、寒い冬シーズンにはいい箸休めになるね、とママさんも手放しで喜んでました。


ご家族でワイワイ楽しむ大きな土鍋。ひとり旅の方が日本酒と嗜む小鍋。私たち家族も(特に愛娘が)鍋料理が大好きな一家です。素材は地元農家さんのきちんとしたものを仕入れ、提供させていただいております。もしもこのタジン鍋が登場しましたら、火が消えても焦らず少し蒸してみて下さい。きっと、地物野菜たちが食べ頃になっています。鍋づくり演習はあと数回開催される予定で、ママさんの背中も逞しいこの頃です。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事

TESORO私たちの宝物

一覧を見る

MAILメールでのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォーム
をご利用ください お問い合わせフォーム

TEL電話でのお問い合わせ

0269-34-2751

0269-34-2751

受付時間 8:00-20:00
長野のゲストハウス